自己紹介

【痛くない親知らず抜歯】静脈内鎮静法で無痛治療を体験した感想

少し前に静脈内鎮静法という無痛睡眠治療で親知らずを3本同時に抜歯しました。

無痛を選んだ理由は、ただ一つ。
歯医者が怖すぎて。

この気持ちが分かるそこのあなた。

是非一度この記事をお目通しいただけますと幸いです。(ほんとおすすめ!)

歯医者恐怖症の私が親知らず抜歯を決めた理由

私が小さい頃ってまだまだ歯医者さんは怖いイメージでした。

麻酔の注射をブスブス10回以上ぶっ刺されたり、新人の頼りない先生に「あれ?」とか言われながら治療されたり。

思い出される数々のトラウマ。泣

もう歯医者の待合室なんて怖くて生きた心地がしません。

大人になってもそれは変わらず。

虫歯ができなかったのをいいことに15年ほど歯医者に行けない時期もありました。

でも親知らずはずっと気になっていたんです。

だって20歳頃から5年に一度くらい口が開かなくなってその度に彼らが成長するのを感じてたから。泣

ちなみに上は両方生えていて下は両方横向きで埋まっている状態でした。

特に痛くも痒くもありません。

数年前に歯医者さんで診てもらった時は

「特に抜かなくても大丈夫」

と言われていたのですが、

(多分正確には、「抜くとなるとここじゃできないから口腔外科で手術だな、とりあえず様子見で!」みたいな)

ここ1年くらいで右下の親知らずが少し顔を出し始めたんですよね。

加えて右側の噛み合わせが悪くなってきた!

これはさすがにヤバいのかもと思いつつ、どうしても怖くて。。

ネットで 「親知らず抜歯 痛くない 歯医者」などと体験談をググっては尻込みし先延ばしにしていました。

親知らず抜歯の際、大半のケースは局所麻酔じゃないですか。

私は本当にビビりなので、口の中で土木工事が行われるのを意識ばっちりの状態で目の当たりにする自信が1%もありません。

そこで見つけたのが無痛リラクゼーション治療という名の「静脈内鎮静法」でした。

静脈内鎮静法なら親知らず抜歯も痛くない?

静脈内鎮静法は麻酔の1つ。

血圧や呼吸を確認しながら点滴で少しずつお薬を入れていく方法です

薬が効いてくると眠くなり処置中の記憶がほとんどないうちに治療を終えることができます。

寝ている間に終わっているなんて、私にとっては魔法のような治療方法でした。

ちなみに全身麻酔は完全に意識がなくなり呼吸を止めることになります

対して静脈内鎮静法は本人は覚えていなくとも呼びかけに答えられるほどの意識はあり自発呼吸が可能

全身麻酔に比べると安全性も高く、日帰りできるのも大きな違いです。

大学病院なら保険適用内でしてもらえる場合も。

が、そもそも病院という空間に苦手意識がある私。

f:id:mukiebi0921:20191109122044j:plain

悩みに悩んだ結果、自費ですが口腔外科出身の先生が開いている銀座の審美歯科に行くことにしました。

夫からは、

「自分の感覚からしたら馴染みのない治療方法や銀座の審美歯科もいろんな意味で怖い(お金とかお金とかお金とか)^^」

「歯医者は近所の子供がたくさん通っている地域に根付いたところが一番^^」

と言われ。笑

えぇ、言いたいことは分かります。

でも私は

お金かかっても痛くない方でお願いします!!

って感じなので、何を言われようと気持ちはブレません。

ただ私は歯医者に行くことを決意するまでにたくさんの時間を使ってしまいました。

世の中には少なからず私と同じような気持ちの人もいるんじゃないでしょうか。

私の実際の体験談が少しでも誰かのきっかけになれば嬉しいです。

初めての審美歯科で親知らずを診てもらう

私が口コミで調べて選んだ審美歯科は最初の電話も丁寧でとても印象がよかったです。

初めて訪れた時、エステのような佇まいに歯医者ということをつい忘れそうになる勢いでした。

まず名前が「〇〇 DENTAL OFFICE 」ですからね。

初診のカウンセリングでは穏やかそうな優しい院長先生が1時間半親身に相談に乗ってくれます。

そしてレントゲン撮影

数年前に他の歯医者で撮ったレントゲンでは真横に埋まっていた下2本が確実に斜めに起き上がってきていました。

私の親知らずは特に悪さをしているわけでも痛むわけでもありません。

それでも親知らずが生えているということは、今後虫歯になるかもしれないリスクがあります。

また将来どんどん骨に癒着して高齢になってからでは抜くのが困難になるということも言えるのです。

その為ある意味一番若い今抜くことに。

360度から確認できるCT撮影もしてもらいました。

すると左下は顎の神経に少し接してしまっていて、下手に抜くと顎や唇に痺れなどが残る心配もあるとのこと。

数年様子見て神経から離れたら抜くか、もしくは動きがなければ一生そのままでもよいかもというのが先生の見解。

というわけで上は左右・下は右の3本同時抜歯することに。

お値段気になりますよね。

私がお願いした歯科では、親知らずを静脈内鎮静法で抜歯するのは1本5万円!

複数本だと少し安くなり3本で10万円でした。
※横向きや埋伏歯の場合は上記に加えて+5,000円/本です。

はい、近所の歯医者さんで抜いたよという方にとっては目が点かもしれません。

私の夫も先日近所で抜いてもらって1本1,000円ちょっとでしたもん。

いや、私ほんとに歯科恐怖症なんですね。

もちろん普段の感覚では10万円て大金ですけどこれについては厭いません。

10万円でもいい、怖い思いしなくていいなら全然いい。
迷わず無痛リラクゼーションで親知らず抜歯オネガイシマーーース!!

心は決まりました。

親知らず3本抜歯!当日の体験談。

抜歯当日は予約時間の5時間前から飲食禁止。

水は2時間前から禁止です。

私は夕方の抜歯だったのでお昼ご飯は食べすぎなくらいたっぷりと。

久しぶりの歯医者で初めての親知らず抜歯、何より未知の静脈内鎮静法に緊張MAX。

憂鬱すぎて最寄り駅ついたら絶望で軽く立ちすくんでました。

到着するとほとんど待たされることなくすぐに治療開始です。

診察台に上がってから
「抜歯の難易度はどれくらいですか?」

(難しいほど術後痛いらしい)

「下の埋伏歯は顎の骨削りそうですか?」

(骨削るほど術後痛いらしい)

直前になって質問攻め。笑

カウンセリングの時に聞いとけや!て絶対院長先生思ったと思いますが優しく答えてくれます。

「右下の難度は中くらいですかね、上の2つは普通にすぐ抜けますよ、残した左下の埋伏歯は右よりは難しいけど、でも中と高の間くらいの難易度ですかね。」

「骨はなるべく削らない方向でいきますね、工夫して抜きますから安心してください。」

そのあとも

「点滴から眠くなるお薬を少しずつ入れていきますが、入れる時は言いますからね。」

と丁寧に説明しながら進めてくれました。

それでも手汗がやばい私。

「こういう経験なかったらそれは不安ですよね、その緊張はお察しします。(消毒フキフキ)」

「ここだけちょっと痛いですが頑張ってください。」

と右手の腕に点滴チクっとされて左手の人差し指に心拍数・血圧を測るモニターを装着。

普通の虫歯治療時と同じ診察台ですが、部屋が暗くなって雰囲気が出てきます。

「ではお薬入れていきますからね〜。」

「は、はい・・」

全然そんな感じしないけど本当にここから眠ってしまうのかな?

あわあわ考えながらも怖くてつい目をつぶっていました。

30秒くらいすると体全体がじわ〜ってなんとなく少し沈む感じがしたのだけ覚えています。

とほぼ同時に次の瞬間。

「むきえりさん。」

と呼ばれてパッ!て目覚めました。
そう、抜歯終わってたんです。

例えるなら昼寝で爆睡してたところを起こされたような感覚

夢を見てたような気もするけど全然思い出せない。

本当一瞬でした。

初診では1時間半と予定されていましたが実際は約50分で3本の抜歯が終わりました。

骨も削らずに済んだとのことでホッ。

麻酔切れるのが怖かったのでその場で痛み止め2錠を飲みました。

診察台を降りてすぐはまだ麻酔が残っているため、フラフラ壁を伝いながら受付へ。

しばらく座って休んでから電車で帰宅。

吸収タイプの止血剤をつめてくれたので、よく聞くガーゼを30分くらい噛んで止血するという必要もなかったです。

あれだけ怯えていたはずの親知らず抜歯なのに、本当に実感がほとんどないうちに終わってしまいました。

今まで入院や手術の経験が一度もなかった私にとって、静脈内鎮静法はとにかく驚きの体験であり感謝でしかなかったです。

親知らず抜歯後の経過や如何に。

f:id:mukiebi0921:20191109122144j:plain

不安で仕方なかった抜歯を乗り越えてもなお心配はつきません。

私が何気に一番恐れていたのがドライソケットでした。

ドライソケットとは、抜歯後の傷に溜まった血液が衝撃や刺激によって剥がれて歯槽骨が露出することで非常に強い痛みが起こるというもの。

安心してきた抜歯数日後から急に激痛が走るなんて恐ろしいですよね。

特に埋伏歯で起こりやすく、ただ頻度としては稀なのですがネットで体験談を読み漁ると結構出てくるのでビビっていました。

対策としては、

  • 熱いお風呂とか血行が良くなるようなことは避ける
  • 飲み物を飲むときは吸わない。
  • 舌で傷口は触らない
  • とにかく安静に。

などなど。

できることはなるべく気を付け・・

うがいも水を口に含んで歌舞伎役者のようにゆっくりと顔を回す徹底ぶり。

その結果、
大丈夫でした!

ちなみに、普通に生えていた上の2本はすぽっと抜けたのでほとんど痛むこともなく腫れもなかったです。

切開して縫った右下だけ痛み止めが必要でした。

抜歯当日の夜は溶けた保冷剤をタオルハンカチで包んでそれを当ててたからか腫れはそこまで酷くならず。

逆に腫れのピーク鏡で見ても

「いやいや、こういうコンディションの顔の日、全然ある」

って凹みましたよね。

触ると腫れがよく分かるけど見た目的にはそれくらいの程度。

そういえばイラストでもよく見ますが歯って足みたいな根っこが描かれているイメージじゃないでしょうか。

私の親知らずは全て根がまとまって分かれていなかったので割と抜きやすかったそうです。

抜歯にかかる時間は術後の痛みの強さに比例する為、歯の位置や生え方・先生の腕によって痛む度合いは個人差があるということですね。

となると例えば、

根が思いっきり3つ4つに分かれて

水平に横向きで埋まってて

炎症起こして抜く前から痛くて

顎の骨ガリガリに削らないと抜けなくて

それを慣れていない先生があーでもないこーでもないと懸命に抜歯したら・・

想像しただけでめちゃくちゃ痛そう。。

私の場合は当日夜の痛み止めが切れた瞬間ズキンズキンと痛んだのが痛みのピークでした。

あと風邪の時のような嚥下痛(飲み込むと喉が激痛のやつ)が強かったかな。

その後は効果が切れる前に飲み続ける戦法で行ったので痛み止めがあればそこまで辛く感じることはなかったです。

3日目からは飲む間隔をあけて、6日目からは痛み止めを飲まずに過ごすことができました!

それよりも、
口が全然開かなかったり、

抵抗力が落ちて口内炎が複数できたりとか、

縫った糸や腫れている部分の地味な不快感に耐えなければいけない

などの地味なところが大変だった気がします。。

個人差はあると思いますが私はほんとに口が開かなかったので歯磨きが困りました。

歯ブラシが入らん。

こんなスポット用の小さい歯ブラシを使うのがおすすめです。

親知らず抜歯後の食事おすすめは?

抜歯後は必ず麻酔が切れてから食事を取るようにしましょう。

麻酔が効いている状態で食事をすると感覚がないので、気が付かないうちに噛んでしまったり火傷してしまったりするかもしれません。

また、しばらくの間は固形物は食べられません。

香辛料やアルコール、また意外ですが吸って食べる麺類などもドライソケットの危険があるので避けた方がいいですね。

私は

  • ウィダーインゼリー
  • ポタージュとかの粉末スープ
  • プリン
  • ヨーグルト
  • スムージー
  • マッシュポテト
  • アイスクリーム

などにお世話になりました!

抜歯前はさぞかし痩せるかと期待してたけど、こう書いてみてもけっこうカロリー取ってるし、全然だった。笑

おかゆもいいと思います!

が私はなんとなく抜歯後の穴に詰まったら嫌だなと思ってお米はなかなか食べる気にならず。

でもこれも抜歯の数や位置などによって食べやすいものは少し変わってくるかもしれませんね。

抜糸は全然痛くない!

抜糸は1週間後でしたが、これは本当一瞬で終わります

先生に、

「抜糸はもう全然全く痛みないですから。」

と言われて余裕こいていたら、

じーーーん

ってむちゃくちゃ地味にしみたのが不意打ちすぎてビックリした。笑

「ああーーー絶対痛いんだろな」

と構えていると思ったより痛くなくてあっけなく感じるし、

「痛くないんだ~♪」

って気抜いてるとちょっとの刺激にも驚いてしまう小心者なんですね。

抜歯後は穴がふさがるまで数ヵ月から約半年を要すると言われています。

けれども個人的な体感では2週間くらいで違和感はなくなったと記憶しています。

むしろ違和感なさすぎて穴がいつふさがったか確認しそびれました!

特に穴に食べ物が詰まって大変とかもなかったです。

先生の腕がよかったということかな、ありがたいです。

まとめ

f:id:mukiebi0921:20191109122244j:plain

永遠にネットを検索しては怖くて踏み出せなかった親知らず抜歯

いざやってみると「早くやっておけばよかったー!」の一言に尽きます。

勇気を出して本当によかったです。

親知らずの生え方や先生の技術面などによって術後の痛みは人それぞれかと思います。

ただ静脈内鎮静法であれば基本的にほとんどの人が無痛で親知らず抜歯をすることが可能です。

自費なので気軽に決められる方法ではないですが、歯科が怖くて極度に緊張を感じる人や口の中に指を入れられただけでえずいてしまう嘔吐反射の人などにとっては静脈内鎮静法はとても効果的です。

歯科恐怖症の私もやってよかったと心から思えました。

実は親知らずだけではなく、虫歯などの治療も私は静脈内鎮静法でやってもらいました。

ああ、でも本当に出来れば歯医者に行きたくないので歯磨きは今後も「より一層丁寧に」と心に誓いました。

電動歯ブラシは歯と歯茎に優しいフィリップスかな。

ただ事実として私にはまだ埋まっている親知らずが1本残っているので、もし抜歯の際はまた静脈内鎮静法を選ぶと思います。

気になっている方、勇気が出ないという方、
試してみる価値あります。

是非一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。